熱海市泉地区と湯河原の密接な関係

1871(明治4)年、伊豆国と相模国を領有する足柄県が設置されました。

足柄県は、現在の神奈川県西部と静岡県伊豆半島、東京都伊豆諸島にあたる地域です。

ところが1876(明治9)年の府県統合で相模国は神奈川県に、伊豆国が静岡県に合併されて足柄県は消滅しました。

伊豆は古くから相模や武蔵と密接な関係があったにもかかわらず静岡県に編入されたので、住民による神奈川県への編入運動が発生します。

そのうえ、伊豆には大きな河川がないのに、静岡県のほかの地域に存在する大河川の治水費用を伊豆の住民も負担する点が不公平に思えたため、静岡県からの離脱運動も起きました。

結局、編入は認められず現状維持という結果になりましたが、伊豆はいまでも東京や神奈川との結びつきが強いです。

伊豆の熱海市にある泉地区は、もとは神奈川県でしたが1878(明治11)年に静岡県に編入され泉村となり、その後、他村と合併して熱海村となります。

熱海村は隣接する湯河原とつながりが深く、合併しようとしますが、認められませんでした。

それでも、熱海市泉地区の消防救急業務や下水道処理は湯河原町がおこなうなど両者の関係はいまでも深く、泉地区はほぼ神奈川県とも言われているのです。