三浦半島

神奈川県の中心にあるのが三浦半島で、鎌倉、逗子、横須賀、三浦の4市があり、それぞれ史歴都市や観光都市として観光客が絶えません。

そして、三浦郡葉山町は海水浴場、別荘地であるほか、高級住宅地でもあり、加えてここには須崎、那須と並んで葉山御用邸(皇室の別邸)があることで知られています。

東京への通勤も盛んに行われているので、東京の文化の影響が極めて大きいといえます。

なお、この三浦半島西部から伊豆半島の根本あたりにおよぶ神奈川の海岸地帯を、ふつう「湘南」と呼んでいます。

相模の南部という意味ですが、ここには以上に挙げたほかにも、藤沢、茅ヶ崎、平塚、小田原などの都市が並んでいます。

こうした点が、一見すると神奈川によく似ていると思われてしまう兵庫県と大きく異なる点です。

兵庫県の中心である神戸は横浜と並ぶ日本最大の国際貿易港なので、兵庫県全体としても神奈川によく似ていると考えてしまいがちです。

しかし、兵庫県の場合は神戸からずっと北上すればその昔、丹波国と言われた地域をかすめて日本海に至ります。

つまり兵庫の場合は、神戸などの諸都市のある瀬戸内海沿岸地方だけでなく、山に囲まれた丹波地方、冬は雪に埋もれる日本海沿岸地方もあるので、この点が神奈川の場合とは大きく異なります。

https://jiko-ask.com/search/pid:14