海老名市にある厚木駅

小田急電鉄小田急線には「厚木」と「本厚木」の駅があります。

厚木駅の周辺は繁華街があるわけではなく、人の流れも地味です。

いっぽう本厚木駅は本厚木ミロードやイオン、アミューなど商業施設やスーパー、銀行などが立地している、市を代表する駅です。

じつは厚木駅は厚木市ではなく海老名市に位置していて、厚木市も本家の駅は本厚木なのです。

1926(大正15)年、神中鉄道(現・相模鉄道)が横浜の二俣川~厚木間の営業を開始するのに伴い、厚木駅が開業されました。

計画当初は厚木に駅をつくる予定で建設が進められましたが、資金難の関係で海老名の地に駅を設置する結果となりましたが、駅名は「厚木」とされました。

その後、小田原急行鉄道(現・小田急電鉄)が1927(昭和2)年に開業し、厚木町に駅をつくることになりましたが、厚木の駅名はすでに使われていたので「相模厚木」という駅名を用い、現在の小田急「厚木」の位置には「河原口」を開設します。

そして神中鉄道が国有化されて厚木が国鉄相模線の駅になり改札口を共同使用することとなったので、小田急「河原口」は「厚木」と駅名が変更されます。

そのとき相模厚木も本来の厚木という意味をこめて「本厚木」と改称されたのです。